fc2ブログ

サフラン身辺雑記~いなば食品のタイカレーレポート(最終回)

3月4日付けの当ブログで紹介した“いなば食品”のタイカレー。ついに最後の1つを残すのみとなった。日曜日の昼食に食してみることとする。(前のブログで「この他にグリーンカレーというのがある」と書いてしまったが、あれは筆者の勘違い。2番目に食べた「ツナとタイカレー(やや辛め)」がグリーンカレーだったのである。つまり今日食べる「チキンとタイカレー」で、いなば食品の缶入りカレー全制覇となる。お詫びして訂正申し上げる次第)

写真1:「チキンとタイカレー(イエロー)」
39-1_convert_20130325113245.jpg

写真2:「湯せんフタを開けたところ」
39-2_convert_20130325113741.jpg

写真3:「器に盛ったところ」
39-3_convert_20130325113923.jpg

缶を開けた瞬間にふわっとスパイシーな香りが漂ってきた。カレールーの味は今までで一番辛い。前の2つは辛さがちょっと物足りなかったのだが、このチキンとタイカレーについては十分満足できる(食後も若干、辛さが口の中に残っていた)。もっともそこはタイカレー、他の2つと同様に辛さの中にも独特のスパイシーさと若干の酸味もあり美味しい。(このタイカレー3連作を食べて思ったのだが、筆者は案外タイの味に向いているのかもしれない。一度、本場でトムヤンクンを食べてみたいと思ってしまった。)具は他のツナと違いチキン。写真を見てもらえばお分かりと思うが、ツナと同様にゴロッとしたのが結構入っている。おまけに肉が(スプーンで簡単に切れるほど)とても軟らかい。タイカレー3種類を全て食べてみた感想は、「恐るべし“いなば食品”」といったところか。良い器に盛り、もう少し具材を加えて香草など散らしてそれっぽく装えば、下手したらタイ料理店で出されても分からないかも、と言っては少し褒めすぎか。まあ、味覚なんていうものは人それぞれなので「ほんまかいな?」と思う人は各自お試しいただきたい。これは管理人に聞いた話なのだが、当ブログを読んだ人で、興味を持ち、実際に買った方がおられるそうだ。これはその方にお願いなのだが、できれば感想などをコメントしていただきたい。(実をいうとレスポンスのあまりの無さにちょっとへこんでいるところなので)

話は全く変わるが、筆者(ターメリックマン)の敬愛する先達に“ダークマン”という人がいる。
この人はかつて自らが主催する合唱コンサートで「私たちは怪獣世代と言っても過言ではありません」という名言を残したが正に言い得て妙であろう。
今年(2013年)は円谷プロ創設50周年なのだそうだ。3月22日付発行の週刊ポストに怪獣クイズが掲載されている。全部だと著作権侵害で訴えられかねないので、いくつか転載してみる。

写真4:「Q:ゼットンが口から吐く火の玉の温度は」
39-4_convert_20130325121014.jpg

写真5:「Q:ウルトラセブンのカプセル怪獣はアギラ、ウィンダムともう一匹。その名前は」
39-5_convert_20130325121055.jpg

写真6:「Q:この二匹の怪獣の関係は」
39-6_convert_20130325121122.jpg

いかがだろう。読者諸賢には簡単すぎただろうか。円谷プロ創立50周年を記念して小学館から「円谷プロ全怪獣図鑑」が発刊されている。興味のある方は是非書店へ。

写真7:「円谷プロさん、ちゃんと宣伝しましたので訴えないで」
39-7_convert_20130325121159.jpg

なおクイズの解答は5行下に。





写真4A:セ氏1兆度

写真5A:ミクラス

写真6A:ツインテール(左)はグドン(右)の大好物

スポンサーサイト



2013.03.25 | コメント(2) | トラックバック(0) | 思い出のグルメ

コメント

怪獣世代です

いなばカレーお疲れ様でした。
缶入りカレーでは、サバカレーというのを食べたことがありますが、このシリーズも美味しそうですね。
でもあまり辛いとゼットンのっように口から火を噴いてしまうかも?^^;

2013-03-25 月 20:10:29 | URL | おーじろう #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます

サバカレーですか!ちょっと想像つかないですが、今度はそれを探してみます。

2013-03-26 火 12:54:20 | URL | ターメリックマン #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

ターメリックマン

Author:ターメリックマン
 旭川市の中心部にほど近い、常磐公園界隈で育った快男児。
 知新小、常盤中と進んだ「地元」への思いはそれなりに持っている。
「知っている人にしか共感を得られない」微妙な感覚と、スパイスの効いた「毒」をお届けしよう。
<守備範囲>
80年代B級アイドル、80年代洋画、昭和のテレビ時代劇、昭和プロレス、80年代洋楽
<好きなもの>酒 
<嫌いなもの>老いぼれ、ガキ、ペット

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR