fc2ブログ

サフラン銭湯紀行~閉店の龍乃湯へ訪問

 3月23日(土)午前。自宅最寄りのバス停から向かったのがこちら。

 385-01_cvt.jpg
写真1:「旭川駅」

 ちなみにバスの運賃は片道220円。4月1日からは250円に値上げされる。
 券売機で300円の乗車券を買い、乗り場7番へ向かう。

 385-02_cvt.jpg
写真2:「汽車」

 小さな汽車に乗り、20分ほど揺られ、この駅に降り立つ。

 385-03_cvt.jpg
写真3:「東旭川駅」

 外からは何度も見ている駅だが利用するのは初めて。駅から5分ほど歩き、辿り着いたのがこの建物。

 385-04_cvt.jpg
写真4:「龍乃湯」

 自宅アパートを出てから1時間20分くらい。ちなみに自動車だと(路面状況にもよるが)流れが良ければ10分ほどで着く。

写真5:「閉店を告げる貼り紙」
385-05_cvt.jpg


 龍乃湯が令和6年3月末をもって閉店する、という情報が、当ブログ編集長・マッサマン氏から寄せられたのが2週間ほど前。
 龍乃湯は10年くらい前に一度閉業したのだが、その後復活して現在に至る。
 だが今度は(何となくだが)、もうこれが最後の様な気がしたので、「最後に一度行かねば」と思い、訪れた次第である。

 385-06_cvt.jpg
写真6:「浴室内」

 前回訪れたときの様子や龍乃湯の由来は、当ブログ2021年6月28日付け記事にあるので、興味のある方はお読みいただければ幸いである。
 まずは小さな露天風呂へ。青空が気持ち良い。露天風呂を楽しみ、次は浴室内の超音波風呂に浸かる・
 体を洗ってから、今度は「単純鉄冷鉱泉・中温」でゆっくりと温まる。
 龍乃湯の特色である、ミルクティーの様な色の湯に入るのもこれが最後かと思うと、なんだか感慨深いものがある。

385-07_cvt.jpg
写真7:「中温湯から見た光景」

 筆者は(他の方も同様と思うが)大きなお風呂に浸かると、ぼんやりと天井辺りを眺めるのが好きである。
 そうしていると、日常の心配事やいやなことも頭の中から消えていくような心持ちになる。
 40分ほど温泉を楽しんで、浴室を後にした。 
 龍乃湯は宿泊も出来るので、一度、気の合う仲間たちと泊まりがけで来たいと思っていたのだが、それが果たせず閉業してしまうのが悲しい。
 最後に一度来ることが出来て良かったと思う。情報を寄せてくれたマッサマン氏には感謝々々である。
 今回思ったのだが、“汽車旅&温泉”も良いものだと思った。(なので「西御料駅~御料の湯ツアー」が敢行できなかったのが残念である。)
 市内にはまだ未紹介の温泉施設もあるので、機会があればレポートしたいと思っている。

スポンサーサイト



2024.03.27 | コメント(2) | トラックバック(0) | 銭湯紀行

コメント

ついにですか…

私も結構昔に1度だけ入りに行きました。
記憶も薄らですが、建物もそんなに大きくはないが、濃い温泉でした。
私の母親が生前、好きでよく通っていたようでした。
旭川はただでさえ温泉のある施設が少ないので、ここは貴重な施設でしたね。残念です。

2024-03-27 水 12:22:09 | URL | 北門中野郎 #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

北門中野郎さん、コメントありがとうございます。お母様とのそんな思い出があったんですね。北門中野郎さんが昔行かれたのは旧建物の頃だったんでしょうか。私は旧建物が”鄙びた”感じがあってすごく好きでしたね。ここ数年、魅力的な温泉施設がどんどん閉業していくのは、私も本当に残念です。ターメリックマン

2024-03-28 木 00:21:28 | URL | 北門中野郎さんへ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

ターメリックマン

Author:ターメリックマン
 旭川市の中心部にほど近い、常磐公園界隈で育った快男児。
 知新小、常盤中と進んだ「地元」への思いはそれなりに持っている。
「知っている人にしか共感を得られない」微妙な感覚と、スパイスの効いた「毒」をお届けしよう。
<守備範囲>
80年代B級アイドル、80年代洋画、昭和のテレビ時代劇、昭和プロレス、80年代洋楽
<好きなもの>酒 
<嫌いなもの>老いぼれ、ガキ、ペット

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR