fc2ブログ

今は無き懐かしの・・・ロータリー近くの老舗ラーメン店

 今年初めての更新なのだが、読者の皆さん、良い年末年始をお過ごしだっただろうか。
 筆者は・・・と言えば、一人暮らしをしている子どもが帰ってくる予定だったのが急に風邪をひいてしまい、結局奥さんと二人、初詣にも行かずだらだらと過ごすうちに休みが終わってしまった。
 そんなワケで(どんなワケだ!?)、今回語ってみるのはこちらのお店。

 383-01_cvt.jpg
写真1:「一味軒あと」

 8条通6丁目、ロータリーの近くにあった一味軒が2023年、閉店した。
 初めてこのお店に行ったのは30年と少し前、当ブログにちょくちょく顔を出す“同期入社のインチキ男”ことHと二人で訪れたのだった。
 以来、たまに思い出したように訪れて来たが、残念ながら閉店してしまった。(このお店、筆者のような隠れたファンの多いお店だったと思う。)
 お店のウリは看板にもあるように味噌ラーメン。モヤシがたっぷりと乗った美味しい味噌ラーメンだった。
 だが筆者は正油ラーメンもまた、ザ・旭川ラーメンという感じで好きだった。
 ほかにも子どもラーメンがあったり、9時近くまで開いていたりと、色々と“かゆい所に手が届く”ところも好きな点だった。
 閉店の理由はもちろん、ご店主夫妻の高齢化だろう。(なにしろ初めて訪れた時でさえ、ご夫妻は結構なお年だったと記憶している。)
 ここ数年、神居の「一番」や「西山軒・大町店」など、筆者の大好きな“老夫婦が営んでいる昔ながらのラーメン店”が相次いで閉店しているのは残念な限りである。
さて、一味軒から少し、石狩川に向かって歩いていくと、目に入ってくるのがこの光景。

 383-02_cvt.jpg
写真2:「旭川冬まつり大雪像」

 この写真を撮ったのが2月3日(土)。4日後の冬まつり開催を控えて、最後の追い込みに、自衛隊の皆さんが休日返上で作業を行っていた。
 今年の冬まつりのモチーフはドラゴンクエストの世界なのだそう。また写真には写っていないが、市民雪像の制作の皆さんも、元気に作業をしていた。
 皆さんお楽しみのステージイベント、今年は2月10日(土)午後2時20分から、爆笑ステージに平成ノブシコブシの吉村さんと、とにかく明るい安村さんが出演する。
 安村さんと言えば最近、イギリスのオーディション番組で第二のブレイクを果たしたのが記憶に新しいところ。
 筆者的にあれは、イギリスを選んだところが良かったと思う。なにしろローワン・アトキンソンがウケる国である。同じ事をアメリカでやったとしても大してウケなかったと思う。
 そんな旭川冬まつりは2月7日(水)から12日(月)まで、旭橋たもと、石狩川河川敷で開催される。
 興味のある方はぜひ、滑り台や迷路、あったかグルメなどを楽しまれてはいかがだろうか。

スポンサーサイト



2024.02.04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 思い出のグルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

ターメリックマン

Author:ターメリックマン
 旭川市の中心部にほど近い、常磐公園界隈で育った快男児。
 知新小、常盤中と進んだ「地元」への思いはそれなりに持っている。
「知っている人にしか共感を得られない」微妙な感覚と、スパイスの効いた「毒」をお届けしよう。
<守備範囲>
80年代B級アイドル、80年代洋画、昭和のテレビ時代劇、昭和プロレス、80年代洋楽
<好きなもの>酒 
<嫌いなもの>老いぼれ、ガキ、ペット

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR