fc2ブログ

サフランまちあるき~八条のレトロ市場の思い出



 基本的に筆者の生息域は春光、末広エリアである。そんなワケで今回ご紹介するのは今年(2023年)6月に市内中心部から移転したこのお店。

382-01_cvt.jpg
写真1:「羽釜の赤鬼」

 移転前はテイクアウト専門だったが、新店舗ではイートインも出来るようになった。

382-02_cvt.jpg
写真2:「唐揚げ弁当」

 写真2は市内某所にて(どこだよ!?)にて入手した羽釜の赤鬼謹製・唐揚げ弁当650円也。
 羽釜の赤鬼はご飯の美味しさに定評がある。お昼に買って夕飯にいただいたのだが、時間がたってもふっくらと美味しかった。唐揚げも、少しあっさりとした味付けで肉質はジューシー。
 これで650円とはお手頃と言えよう。美味しくいただいた事をご報告する次第。
 さて、この羽釜の赤鬼が移転前にあった場所と言えば・・・

382-03_cvt.jpg
写真3:「八條市場あと」

 かつて羽釜の赤鬼があった、8条通10丁目の八條市場。今は取り壊され更地となっている。

382-04_cvt.jpg
写真4:「八條市場・外観1」

382-05_cvt.jpg
写真5:「八條市場・外観2」

 写真4、5は在りし日の八條市場。1階の向かって右側、赤い幕がかかっているところに羽釜の赤鬼があった。
 この場所、筆者にとって思い出深いのは、昔あった「幸来」というラーメン店である。

382-06_cvt.jpg
写真6:「八條市場・内部1」

382-07_cvt.jpg
写真7:「八條市場・内部2」

382-08_cvt.jpg
写真8:「八條市場・内部3」

 写真6~8は市場内部の様子。写真7、武田商店の味のある看板が懐かしい。写真8は高野豆腐店があったところ。
 前に高野豆腐店を訪れた様子は2016年5月22日付け記事をお読みいただければ幸いである。
 八條市場のような昔ながらの“市場らしい市場”がどんどん無くなっている。本当に寂しい限りである。
 ところで、この近くでもう一つ、取り壊された建物の跡がこちらである。

382-09_cvt.jpg
写真9:「中央団地あと」

 8条通8丁目、今は無き八條プレジャーの斜め向かいに、とても古い市営住宅があった事を覚えておいでの方も多いだろう。
 その八条団地もまた、今年の冬に取り壊された。
 この建物の思い出と言えば・・・小学校からの友人、F君が住んでいたこと。彼とは小学校中学年の頃、とても仲が良かったので何度かお邪魔した事があった。
 そのお宅ではインコを飼っていた事を良く憶えている。F君はたしか・・・高校は西校、卒業後は本州へ就職して行ったと記憶している。
 最後に会ったのは(筆者の記憶が確かならば)30年ほど前のクラス会だった。彼の事だから今も元気にしているのだろう。
 さて、今年の更新はこれで最後になる。読者の皆さんにとってどんな年だったろうか。
 筆者は、と言えば・・・3月上旬に体調を悪くして短期間だが入院してしまった。また9月には生まれて初めて喘息の発作を起こしたりと(つらいとは聞いていたが、まさかあれほどとは)、とにかく「健康が大事」だと痛感した1年だった。
 2024年は自分と、そして読者の皆さんにとって良い1年になることを祈っています。では皆さん、良いお年を!

スポンサーサイト



2023.12.26 | コメント(0) | トラックバック(0) | まち歩き

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

ターメリックマン

Author:ターメリックマン
 旭川市の中心部にほど近い、常磐公園界隈で育った快男児。
 知新小、常盤中と進んだ「地元」への思いはそれなりに持っている。
「知っている人にしか共感を得られない」微妙な感覚と、スパイスの効いた「毒」をお届けしよう。
<守備範囲>
80年代B級アイドル、80年代洋画、昭和のテレビ時代劇、昭和プロレス、80年代洋楽
<好きなもの>酒 
<嫌いなもの>老いぼれ、ガキ、ペット

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR