fc2ブログ

サフラン銭湯紀行・上川編~絵本の里・憩いのスポットと激ウマグルメ

 1ケ月ほど残業続きでやや疲れ気味である。日曜日、気分転換にドライブがてら訪れたのがこちら。

  写真1:「レークサイド桜岡」

 剣淵町東町5141番地、レークサイド桜岡に初訪問。237-1_conv.jpg

 自宅から約50分、トリップメーターは43キロを指していた。
奥さんの実家が稚内で、剣淵町は年に1回は車で通るため前々から気になっていた施設。
 券売機で入浴料500円を買いフロントへ出し、浴室へと向かう。

 237-2_conv.jpg
写真2:「浴室」

 浴室の構成は主浴槽とサウナのみ。薬湯や泡風呂がないのは良いとしても、筆者が(そして多くの人が)好きな露天風呂がないのは少し寂しい。
 ともあれ、まずは例によってサウナへ。
 サウナは普通の乾式サウナ。壁に砂時計が6つ!(10分計と5分計が3つずつ)あるのが目を引く。
 きっかり15分汗を流してサウナ室を出る。いったん脱衣室でクールダウンし、再度浴室へ。
 洗い場で体を洗ってから主浴槽へ。写真2のとおり2つに分かれているが、高温、低温の違いはなく、どちらも同じ、42度くらいの適温である。
 泉質は弱アルカリ性温泉。肩までつかると温泉特有の温まる感じがする。いつもより長めに、ゆっくりと250数えて浴室を後にする。
 
 237-3_conv.jpg
写真3:「窓からの眺め」

レークサイド=湖畔というだけあって、窓からは湖が望めるのだろう。今は雪に閉ざされているが、暖かくなったら再訪して眺めを楽しみたいと思う。
露天がないのが重ね重ね残念だが、基本的に宿泊客がひと風呂入るための施設なのだろう。考えてみれば、入浴料500円は北海道の銭湯料金440円と60円しか変わらない。町内に他の浴用施設は無いので、地元の人は気軽に銭湯感覚で訪れていると思われる。(事実、筆者の訪問は午前11時だったが、多くの家族連れや地元客で賑わっていた。)

 237-4_conv.jpg
写真4:「施設前に雪像」


 建物の前にあった雪像。とても上手だったので思わず写真を撮ってしまった。(筆者は雪像には“チトウルサイ”のだが、なかなかこう上手には作れないものである。)
 昨年の大ヒット作「シン・ゴジラ」にちなんだのだろうか。筆者は未見である同作。早くWOWWOWでやらないかと心待ちにしている。

 バイ・ザ・ウエイ(死語)、スルドイ読者諸賢はもうお気づきと思うが、銭湯紀行・空知編&上川編では、できるだけ、当地のグルメをご紹介している。今回ご紹介するのは、これまた前から来たいと思っていた、こちらのお店。

 237-5_conv.jpg
写真5:「駅前旅館」

 他の人のブログなどでも有名なお店。筆者の注文はこれである。

 237-6_conv.jpg
写真6:「カレーライス・ポーク:650円也」

 サラダ付きで650円はとてもお手頃価格。
殆どの人は名物のラーメン&カレーセット:900円(店内では単に“セット”で通じている)を頼むのだが、筆者はちょっと平らげられそうにないのでカレー単品にした。

237-7_conv.jpg
写真7:「ご飯にルーを盛った之図」

 ここのカレーの特徴はポークが大きな角煮だということ。柔らかく煮込まれたそれはスプーンで軽く押すだけでホロホロと崩れていく。カレールーはポークに比べると大きな特徴はないものの、ちゃんとスパイスが効いていて美味しい。なにより、人気店でありながら、マスター以下、お店の人の接客がとても優しく感じが良かった。今度はラーメンを注文して名物の“セット”を完成させたい、と思う次第である。

スポンサーサイト



2017.02.25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 銭湯紀行

«  | ホーム |  »

プロフィール

ターメリックマン

Author:ターメリックマン
 旭川市の中心部にほど近い、常磐公園界隈で育った快男児。
 知新小、常盤中と進んだ「地元」への思いはそれなりに持っている。
「知っている人にしか共感を得られない」微妙な感覚と、スパイスの効いた「毒」をお届けしよう。
<守備範囲>
80年代B級アイドル、80年代洋画、昭和のテレビ時代劇、昭和プロレス、80年代洋楽
<好きなもの>酒 
<嫌いなもの>老いぼれ、ガキ、ペット

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR