fc2ブログ

サフランまち歩き~オモチャのたもちゃん閉店~さらば 買物公園の象徴

 当ブログではかねてより、今は無き懐かしのお店や施設、あるいはこれから閉店するお店などについて語ってきたが、またひとつ、その長い歴史に幕を下ろす名店がある。

 354-01_cvt.jpg
写真1:「たもちゃん閉店を報じるライナー記事」

 1月22付の地元フリーペーパー・ライナーによると、3月をもって「オモチャのたもちゃん」が閉店するとのこと。
 閉店の噂は年明け早々から耳にしていたのだが、なんとなく信じたくないというか、まだ半信半疑だった。だがこうしてはっきり記事を目にすると「やはり本当だったのか・・・」という残念な思いである。
 記事によればご店主の金子保さんが昨年末に亡くなっていたのだそうで、それが閉店の大きな理由なのだろう。
 たもちゃんのルーツは昭和23年、保さんのご両親が営む料亭の一角に玩具を置いたのが始まり。その後建物を建て替え、玩具専門店として創業70年以上、3条通7丁目で買物公園を見守り続けてきた。
 読者の皆さんもご存じと思うが、雑多に色々なオモチャが積まれた店内は決して良く整理されているとは言いづらいものの、逆にそれがなんだか暖かく、手書きの貼り紙にも味わいがあった。
 筆者の思い出と言えば、実はここで買物をしたことはそんなに無い。“ガンプラブーム”の頃にプラモを買いに来たことや、急にヌンチャクが欲しくなって訪れたのだが、値段が高くて泣く泣く諦めたことなどを憶えている。
 あと、80年頃には店の軒先にゲーム機があり、「ディグダグ」などに時間を忘れて興じたものだった。
 中心市街地に生まれ育った子どもにとって、買物公園は毎日の様に行くところだったし(昔は至る所に遊具があったものだ)、特に3条本通りのたもちゃんは、“ただそこにある”だけでホッとする存在なのである。
 昨年の旭鉱泉湯・八条プレジャーに続きまた一つ、旭川を象徴するお店がなくなってしまう。
 閉店までにはまだ時間があるが、レア商品はもう結構、買われているそうなので、興味のある方は一度訪れてみてはいかがだろうか。

 354-02_cvt.jpg
写真2:「たもちゃん外観」

354-03_cvt.jpg
写真3:「味のある店名ロゴ」

 話は少し変わるが、写真2のたもちゃんの左隣、今、餃子屋さんのあるところに昔、石橋カメラというお店があった。
 石橋カメラも閉店して随分と経つ。名物営業マンのH氏が懐かしいが、お元気にされているだろうか。

スポンサーサイト



2021.01.24 | コメント(2) | トラックバック(0) | まち歩き

サフラン焼きめし紀行~神居東地区の名店に初訪問

 読者の皆さん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
 さて、昨年は新型コロナのおかげで散々な一年だった。2021年は少しずつでも良くなって行く事を願いたい。
 年明け最初の“お題”はチャーハン。訪れたのはこちらのお店。

 353-01_cvt.jpg
写真1:「ジャスミン ガーデン」

 神居3条20丁目、環状線に面している。前から気になっていたお店で念願の初訪問である。
 注文したのはもちろんこの一品。

 353-02_cvt.jpg
写真2:「広州(こうしゅう)チャーハン・880円(スープ付)也」

 「広州」を広辞苑で調べてみると「中国広東省の省都。(一部略)~古来、中国南部最大の貿易港。華南地域の経済・交通の中心」とある。広東料理がメインのお店なのだろうか。
 さて、肝心のチャーハンであるが、具材は玉子とチャーシュー、そしてレタス。そう、レタスチャーハンである。
 いつもならビール、こんな寒い日なら燗の紹興酒も良いのだが今日は車なのでグッと我慢。
 まずはスープを一口。優しい味の中華スープでホッと落ち着く一杯である。
 次はいよいよチャーハン。熱々のご飯は口に入れるとホロッとくずれ、具材の玉子、チャーシューの絶妙な塩加減が美味しい。そこにシャキシャキのレタスが良いアクセントを加えている。
 厨房の中が見えないのが(音は聞こえてくるのだが)残念だが、この味だけでシェフがどんな姿で中華鍋を振るっているのか容易に想像がつく。
 結構なボリュームだったのだが、あっという間に平らげてしまった。広州チャーハンはこのお店の名物なのだろう。他のお客さんも一品料理に加えて、ほとんどの人が注文していた。
 今度はあんかけ焼きそばや麻婆豆腐なども食べてみたい。そして“町中華”ならやはり一杯“飲ってみたい”ので、テークアウトで楽しみたいと思う。
 神居東地区にはもう一店、前から気になっているが未訪問のお店があるので、いつかそこもご紹介したいと思う。
 最後に、冒頭にも書いたが2020年は本当に散々な一年だった。今年は恐らく我が国でもワクチンの接種が始まるだろうし、少しずつでも良くなっていくことを願っている。
 読者の皆さんもお体をいたわって、良い日々を過ごされることをお祈りする次第である。

2021.01.11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 思い出のグルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

ターメリックマン

Author:ターメリックマン
 旭川市の中心部にほど近い、常磐公園界隈で育った快男児。
 知新小、常盤中と進んだ「地元」への思いはそれなりに持っている。
「知っている人にしか共感を得られない」微妙な感覚と、スパイスの効いた「毒」をお届けしよう。
<守備範囲>
80年代B級アイドル、80年代洋画、昭和のテレビ時代劇、昭和プロレス、80年代洋楽
<好きなもの>酒 
<嫌いなもの>老いぼれ、ガキ、ペット

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR