fc2ブログ

サフランまちあるき ~宮下通り・歴史あるレンガ倉庫が2年振りに復活

 今回は“ひとり呑み”&以前に書いた記事のフォロー。
 1990年7月に開店した銀座ライオン旭川店が惜しまれつつも閉店したのが2017年12月末。以来、1年近く経っても後継テナントが入らない事を2018年10月12日付けの記事でお伝えした。
 それから更に1年が経った2019年末、遂に後継テナントがオープンしたのだった。

 328-01_cvt.jpg
写真1:「MORIHIKO .RENGA 1909」

 MORIHIKO(モリヒコ)とは札幌を中心にカフェやレストランなどを展開するコーヒーブランドで、宮下通りのこのお店は医大内の店舗に続き、旭川で2店目である。
 “1909”は恐らく、この歴史ある建物の建築年(明治42~43年頃)だろう。

 328-02_cvt.jpg
写真2:「モリヒコ店内」

 落ち着いて上品な店内。かつて多くの客で賑わっていたビアホールの面影はない。
 テーブル、ソファーなどの調度品もセンスにあふれている。
 メニューを眺める事しばし。素敵な笑顔の女性の店員さんに注文を済ませると少し落ち着く。

 328-03_cvt.jpg
写真3:「お通し」

 このお店、夜にはバーとして男山酒造とコラボした日本酒のカクテルなども提供する。
 この晩のお通しは「壺屋の手作り羊羹“小倉”」。会計時に分かったのだがお通しは300円の様だ。
 さて、筆者の注文はこちら。

328-04_cvt.jpg
写真4:「サフランズ・セレクト」

 日本酒カクテル“生酛(きもと)純米”800円と“アラカルト3種盛り”1000円也。
 (値段は全て税抜き価格)
 日本酒のカクテルは辛口でとてもすっきりとしている。それでいて麹の味わいが強く後を引く。
 アラカルトはどれも日本酒カクテルに良く合う。(筆者的には“いぶりがっこ”とチーズが良かった)
 ところでこの施設、報道では確か「ゲストハウスを併設」とあったが、筆者が見たところそんな雰囲気は無かった。先ほどの女性の店員さんに少し伺うと、近日中、ということではないが、ゲストハウスもオープンに向けて準備を進めているとの由。
 店内に居たのは30分と少しだったろうか。とても落ち着いて良い時間を過ごすことが出来た。
 買ったもののまだ読んでいない本が(新宿鮫シリーズの最新刊など)いくつかあるので、次来たときは王道のサイフォン式コーヒーを飲みながら読書を楽しんでみたいと思った。

スポンサーサイト



2020.01.27 | コメント(0) | トラックバック(0) | まち歩き

サフラン激辛グルメ~日ハムファン聖地の人気店がレトルトカレー新発売

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
 さて、読者の皆さん、良いお正月をお過ごしだったろうか。
 筆者は・・・と言えば例年通り、12月31日~1月2日は奥さんの実家である稚内市へ。
 「おせちも良いけどカレーもね」とは良く言ったもので、“お正月料理”的な食事が続くとつい食べたくなるのがカレー。今回ご紹介するのはこちら。

327-01_cvt.jpg
写真1:「クレイジー スパイス・レトルトカレー」

 緑町19丁目にある人気カレー専門店「クレイジー スパイス」が構想約5年にして、レトルトカレーを開発した。(※以下に記す情報の多くは、地元フリーペーパーの「ライナー」から引用させていただいた事をご報告する)。
 ご店主の斎藤さん自らが、およそ10日間をかけて手作りし、パウチへの封入だけを工場に依頼する。
 パッケージデザインは贈り物にも使えるように、宛名を書ける封筒タイプで、390円分の切手を貼ればそのまま郵送できる。
 とまぁ、能書きはこれくらいにして早速いただいてみる。

327-02_cvt.jpg
写真2:「湯煎してご飯に盛ってみた之図」

 カレーはチキンキーマカレー。お店に倣って“オムカレー”にしてみた。
 辛さの度合いは“ノーマル”と“ハード”の間くらいだろうか。辛い物が好きな人にはやや物足りないかもしれない。
 ともあれ、油を使わずにたっぷりの玉ねぎを炒めて、フルーツや野菜でとろみをつけたカレーはとてもヘルシーで美味しい。2袋入りで1000円。店頭のみの販売で電話注文や取り置きは行っていないとのこと。
 “クレスパ ファン”には是非ともおススメしたい一品である。
 さて、最後となりましたが、かかる駄文をお読みくださる方がいらっしゃるのは嬉しい限り。
 2020年も“まちあるき”を中心に“ユル~く”語っていきますので、例によって「ヒマでしょうがないときのヒマつぶし」にお付き合いいただければ幸いである。

2020.01.12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 思い出のグルメ

«  | ホーム |  »

プロフィール

ターメリックマン

Author:ターメリックマン
 旭川市の中心部にほど近い、常磐公園界隈で育った快男児。
 知新小、常盤中と進んだ「地元」への思いはそれなりに持っている。
「知っている人にしか共感を得られない」微妙な感覚と、スパイスの効いた「毒」をお届けしよう。
<守備範囲>
80年代B級アイドル、80年代洋画、昭和のテレビ時代劇、昭和プロレス、80年代洋楽
<好きなもの>酒 
<嫌いなもの>老いぼれ、ガキ、ペット

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR