fc2ブログ

サフランまちあるき ~名店の遺伝子を継ぐお店に初訪問

毎日暑い日が続くが皆さん、お元気だろうか。暑いときは何故か辛いものが食べたくなる。訪れたのは、最近、7条通8丁目にオープンしたこちらのお店。

276-1_cvt.jpg
写真1:「黄金亭」

切り盛りするのはご夫婦と思しきお二人。
こちらのお店、かつて6条通12丁目にあった「米々亭」の味を再現している。

276-2_cvt.jpg
写真2:「ポークカレー」

筆者がいただいたのはポークカレー:800円也。
まず、香りからして懐かしいあの米々亭。味も米々亭そのものの、スパイシーな辛さ。ポークも良く煮込まれていて、口の中でホロホロとほぐれる。
会計時にお聞きしたのだが、こちらのマスターは、以前、当ブログでもご紹介した(2017年12月19日付)当麻町の「コーヒーとカレーの店:マーブ」で修行されたとの由。まさに米々亭、直系の遺伝子を継ぐ店なのである。
またポークカレーが800円。他もチキンカレー800円、黄金亭カレー700円とお手頃価格。しかもルーのお代わり無料サービスあり!
米々亭のファンだった方には是非一度おススメしたい1店である。

276-3_cvt.jpg
写真3:「上川神社祭:露店」

写真3は7月20~22日に行われた、上川神社祭の露店の模様
上川神社祭は半世紀以上、3条本通りと銀座通り商店街で開催されていたが、実行委員の高齢化やごみ処理の負担などにより今年、実行委員会が解散。一時は露店の開催自体が危ぶまれたが、常磐公園に舞台を移し継続されることとなった。
筆者の考えを言えば、常磐公園には上川神社の頓宮があるので、これを機に頓宮への参拝客が増えれば、むしろこの会場変更は良いことだと思う。

276-4_cvt.jpg
写真4:「銀座デパート解体」

一方、銀座通りでは、銀座デパートの解体工事が進められている。
跡地はどう利用されるのだろうか。駐車場などではなく、なにか施設が出来ることを願っている。

スポンサーサイト



2018.07.22 | コメント(3) | トラックバック(0) | まち歩き

サフランまちあるき~駅前周辺いろいろ

 以前「給料後の最初の週末には、バスカードのチャージのため駅前ビルに行く」と書いたが、6月下旬、初訪問したのはこの建物。

 275-1_cvt.jpg
写真1:「ツルハビル」

 写真1は旭川駅と北彩都病院の間で威容を誇っているツルハビル。旭川電気軌道と道北バスはどちらも、6月にこのビル1階に営業事務所を移転した。
 また、札幌行きの高速バスも駅前からの出発となった。

 275-2_cvt.jpg
写真2:「道北バス営業所」

 前に比べ洗練された感のある道北バス営業所。筆者的には以前の、駅前ビル地下時代が好みである。
 壁に掲示されていた、味のある手書きの時刻表&路線図は処分されたのだろうか。

 275-3_cvt.jpg
写真3:「中央バス旭川ターミナル」

 1条通7丁目、中央バス旭川ターミナルも閉鎖され、シャッターが下ろされている。
 今後どのように再活用されるのだろうか、気になるところである。

 275-4_cvt.jpg
写真4:「旧・西武A館あと」

 旧・西武A館あとも整地が終わり、すっかり更地となった。その跡地の約7割を、これまたツルハホールディングスが取得したのは既報のとおり。
 旧西武あとについては、B館の建物をいち早く地元企業が取得し歓迎の声が聞かれたものの、その後のビジョンがなかなか見えてこない。

 さて、駅前と言えば今や欠かせない存在となったのがイオンモール旭川駅前だが、“イオンモールウォーキング”というものをご存じだろうか。

 275-5_cvt.jpg
写真5:「イオンモールウォーキング・チラシ」

 イオンモール旭川駅前では、“ショッピングだけでなく、お客様の健康なライフスタイルをサポートする取組”として、館内をウォーキング場として開放している。
 コースは写真5のとおりで、その距離、約1030メートル。トライしてみることとした。

 275-6_cvt.jpg
写真6:「スタート地点」

 スタート地点はスターバックスコーヒーの前あたり。ちなみに人間の歩くスピードはだいたい時速4キロなので、1030メートルなら所要時間は15分くらい。ストップウォッチで計りながら歩いてみる。

 275-7_cvt.jpg
写真7:「ゴール地点」

 チラシの順路にしたがい歩いてみた。ゴール地点は4階の、仙台牛タン店・福助の前あたりで、写真7のプレートが迎えてくれる。
 かかった時間は13分40秒。ノンストップなので若干早いペースだった。
 チラシに「雨でも雪でも昼夜を問わず~」とある様に、冬場のバスの待ち時間なんかに丁度良いのでは、と思う。
 専門店街の“ウインドウショッピング”(死語)を楽しみながらも良いだろう。
 ところで“福助”と聞くととっさに、往年のコント赤信号のギャグを思い出す筆者はやはりオジサンなのだろうか。

2018.07.05 | コメント(2) | トラックバック(0) | まち歩き

«  | ホーム |  »

プロフィール

ターメリックマン

Author:ターメリックマン
 旭川市の中心部にほど近い、常磐公園界隈で育った快男児。
 知新小、常盤中と進んだ「地元」への思いはそれなりに持っている。
「知っている人にしか共感を得られない」微妙な感覚と、スパイスの効いた「毒」をお届けしよう。
<守備範囲>
80年代B級アイドル、80年代洋画、昭和のテレビ時代劇、昭和プロレス、80年代洋楽
<好きなもの>酒 
<嫌いなもの>老いぼれ、ガキ、ペット

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR