fc2ブログ

今は無きなつかしの・・・買物公園・老舗洋食店の閉店

 読者の皆さん、お久しぶりです。
 大変ご無沙汰しており、申し訳ございません。(汗)
 唐突だが皆さん、お昼休みはどのように過ごされているだろうか。
 ごはんを食べて、スマホをチェックして、という方が多いと思う。
 筆者は・・・と言えば、天気が許せば出来るだけ散歩するようにしている。
 そのコースは風の向くまま気の向くまま、特に決まっていない。
 そんなワケで先日もぶらぶらと“さんよん仲8丁目”を歩いていると、目に入ったのがこの光景。

 
381-01_cvt.jpg

写真1:「仏蘭西亭あと」

 買物公園の老舗洋食店・仏蘭西亭が閉店していた。(二階の窓に貼られている「青いリンゴ」のポスターがもの悲しい。)
 閉店を告げる貼り紙の文面をご紹介すると
 「閉店のごあいさつ
 この度 店主体調不良のため閉店させていただく事になりました。
 1974年から49年間の長きにわたり大変お世話になりました。ありがとうございました。」

 古くからやっていると思っていたが1974年からとは・・・。アマゾンライダー放送開始の年ではないか!
 このお店、お値段が少し高めなので、筆者はランチに数回訪れただけだが、それでも歴史ある名店の終焉は寂しいもの。
 半世紀近くもお店を続けてこられた事に、一市民として心から「お疲れ様でした」と申し上げたい。
 さて、閉店と言えばこちらのお店もまた。

 381-02_cvt.jpg
写真2:「花むら・あと」

 駅前ビル1階にあった「食事処 花むら」が9月25日をもって閉店していた。
 こちらについては当ブログ2021年8月15日付け記事をご覧いただければ、と思う。
 愛想の良い女性ご店主と、ご常連たちで賑わっていたお店だった。
 初めて伺ったとき「美味しいよ」と薦められたカレーライスを結局いただかないまま閉店してしまったのが残念である。
 駅前ビルの老舗といえば「たけや食堂」も閉店してしい、“一杯のめる味のある食堂”は「おふくろ食堂」を残すだけになってしまった。
 “おふくろ”には長く続けて欲しい、と願うものである。 

スポンサーサイト



2023.10.24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 生活雑感

サフラン激辛グルメ~神居東地区 名物店の名物カレー

 今回ご紹介するのは黄色い外観が目を引くこちらのお店。

 377-01_cvt.jpg
写真1:「大門」

 日常のほとんどの事は中心地か春光、末広エリアで済ませている。たま~に永山に足を伸ばすくらい。
 だがそれでは全然見聞が広まらないのと、このお店は前々から気になっていたので、奥さんの居ない土曜日の昼に車で訪れてみた。
 11時の開店まもなく訪れたため、先客はご夫婦とお嬢さん一人の家族連れが一組のみ。
 店内はコの字カウンターに小上がり席が二つと、4人と2人がけのテーブル席が一つずつ。雑誌は週刊現代が揃っているのが嬉しい。
 カウンターに陣取った筆者の注文はこちらの一品。

 377-02_cvt.jpg
写真2:「ポークカレー・650円也」

 カレーはカツカレーとポークカレーの二種がある。先客のファミリーは皆さん、カツカレーを頼んでいたが、筆者はポーク。
 辛さは辛口、中辛、甘口のどれか。筆者は中辛をチョイスする(最近このコーナー、“激辛”は看板倒れなのはご愛敬)。
 写真のとおり、カレーの黒と大きなジャガイモの黄色が目を引く。そして小さな壺に入った福神漬け。
 この“黒カレー”がこちらの名物。系統としては神楽の「Bブラウン」あたりが近いのだろうか。
 と、能書きはこれくらいにして一口いただいてみる。名物の黒カレーは独特の、かすかな苦みが印象的。
 具材は柔らかく煮込まれたポークとニンジン、そして先述のジャガイモが美味しく、ルーとほどよい調和を保っている。
 土曜日の昼食、美味しく平らげたことをご報告する次第。今度は夜に訪れて、ラーメンとカレーのセットをいただきたいと思う。
 このお店が好きで通う人の事を「大門軍団」と言うらしいが、これで筆者も晴れて軍団の仲間入りである(注・ウソです)。

 377-03_cvt.jpg
写真3:「平成大橋」

 このお店は平成大橋のたもとにある。この橋はその名のとおり、架かったのが平成元年の秋頃だったと記憶している。
 昨年、拡幅工事をしていたが今は(写真3のとおり)片側2車線。
 話は少し変わって、筆者が入社したのもまた平成元年。当時、この近くに住む同期のNさん(今は結婚してSさん)という女性宅に、高卒の同期だけで集まった事があった。
 時刻は夜中に近くなっていた。どういう話の流れか、竣工間近の平成大橋にみんなで行き、Gメン75のOPよろしく、みんなで橋の上を歩いたのだった。
 (なので岸田ジュニアの“内閣組閣ごっこ”は全く笑えない)
 その高卒同期の面々、Nさんは早々と寿退社し、4人の子宝に恵まれ、今は東京在住(年賀状のやりとりは今も続いている)。
 他の高卒同期も、随分とエラくなった人や、早々と退社したあと諸国を漫遊し、今は市内で農業を営んでいる人、変わらず飄々としている“インチキセールスマン・H”など。
 はたまた筆者の様に全然うだつが上がらないなど、まさに“ディファレント・ストロークス”、人それぞれである。
 そうそう、同期と言えば、冒頭に出てきた“先客ファミリー”と言うのも、当ブログタイトルの所以にして筆者の師匠、サフランマンことO氏ファミリーだった。
 考えてみれば、O氏はこの近所に住まっているので特に珍しい事ではないのだが、それにしても偶然ってあるものである。

2023.06.18 | コメント(2) | トラックバック(0) | 生活雑感

サフランひとり呑み~“雲ゆえのきまぐれ”にひとり呑み

 唐突だが“アラフィフ”、“アラフォー”世代の男なら「好きな北斗の拳のキャラは誰か?」といった話題で盛り上がったことが一度はあるのでは。
 「当然ケンシロウだ!」、「いや、ラオウだ!」、「トキに決まっている!」、「南斗水鳥拳のレイだ!」、「俺はジャギだ!」、「アミバ一択だ!」と、話は尽きないだろう(最後の二人はかなり少数派だが・・・)。
 かくいう筆者が好きなのはこの強敵(とも)である。

352-01_cvt.jpg
写真1:「芋焼酎・雲ゆえの気まぐれよ」

 佐賀県の老舗酒造・光武酒造場が北斗の拳とコラボした芋焼酎を売り出している。
 写真1は筆者が好きなキャラ“南斗五車星”の一人、雲のジュウザとコラボした芋焼酎。
 ちなみにコラボするキャラは他に4人いて、(もちろん)ケンシロウ、ラオウ、トキ、サウザーといった面々。
 入手したのは春光のドンキホーテ。

352-02_cvt.jpg
写真2:「雲ゆえの気まぐれよ」

 漆黒の瓶の表面にキャラの顔半分が影になったイラストと、そのキャラの名ゼリフがプリントされている。
 ちなみに他のキャラの名ゼリフはそれぞれ「退かぬ!!媚びぬ省みぬ!!」、「お前はもう死んでいる!」、「我が生涯に一片の悔い無し」、「激流を制するのは静水」だが、それぞれどのキャラのものかは皆さん良くご存じだろう。
 また肝心の味の方もそれぞれのキャラをイメージした風味となっていて、この「雲ゆえの気まぐれよ」は「ジュウザをイメージした減圧蒸留で造った軽快ですっきりとした飲み口は、雲のように自由気ままなジュウザらしい芋焼酎に仕上がっています。」との由。

352-03_cvt.jpg
写真3:「ホテイ焼き鳥缶」

 合わせるアテは、気取らずに、当ブログおなじみのホテイの焼き鳥缶。

352-04_cvt.jpg
写真4:「芋ロック&焼き鳥缶・湯煎した之図」

 美味しい芋焼酎は、まずはロックで。焼き鳥缶はいつもの通り湯煎していただく。
 まず一口。芋焼酎特有の味わいが心地よく喉を下っていく。“芋特有”と言っても、説明書きのとおりすっきりとした味わいで、極上の焼酎の味わいを楽しませてくれる。焼き鳥缶との相性もバッチリ。
 普段は飄々としていてもいざというときは天賦の才を発揮し、ラオウまでもがその器量を認めたジュウザのイメージにピッタリと言えよう(筆者も一生に一度は「やはりこの命 捨てねばなるまい・・・」なんて言ってみたいものである。)。
 芋焼酎は美味しいのは良いのだが、つい“カパカパ”と進んでしまい、一晩で五合の半分を空けてしまった。
 残りはお湯割りでいただきたいと思う。お値段は1598円+税(ドンキ価格)。興味のある方は年越しの一杯に是非オススメしたい。
 さて、今年の更新はこれで最後になる。
 例年、最後の記事では「個人的三大ニュース」みたいなことを書いたのだが、今年は何にもない。
 一番の理由はもちろん新型コロナなのだが、本当に何もなかった事がニュースみたいである。
 年末年始はどこへも行かず、家族で過ごすことになるが、こんな世の中ではそれが一番良いことなのかも、と思う。
 読者の皆さんも、楽しく良いお正月を過ごされることを、お祈りしております。

2020.12.25 | コメント(2) | トラックバック(0) | 生活雑感

サフラン身辺雑記~大相撲・旭川場所観戦記!


 タイトルでおもいっきりネタバレしているが、今回訪れたのがこの施設。

 258-1_conv.jpg
写真1:「旭川市大雪アリーナ」

 8月20日(日)、写真1の大雪アリーナで大相撲・旭川場所が開催された。
 なんでも5年ぶりの旭川巡業なのだそうだ。これを逃すと次いつになるか分からない。奥さんと二人、出かけた次第。

 258-2_conv.jpg
写真2:「稀勢の里」

 稽古の場には巡業参加が危ぶまれた、稀勢の里の姿が。稽古中には入念に股を割っていた。
 稀勢の里の取り組みがなかったのが残念だが、土俵入りの雄姿が見られたのは嬉しい限り。
 
 258-3_conv.jpg
写真3:「平成の大横綱」

 力士たちの稽古を見守るのは“平成の大横綱”貴乃花。

 258-4_conv.jpg
写真4:「旭大星」

 豆力士たちに稽古をつけるのは、ご当地出身の旭大星。姿を見せるたびに場内に大歓声が上がっていた。

 258-5_conv.jpg
写真5:「髪結の実演」

 髪結の実演、モデルをつとめるのは、これまた旭大星。この日の旭大星は終始、リラックスしているように見えた。約20分で見事な大銀杏が結いあがる。床山さんがこれを習得するのに5年以上かかるのだとか。

258-6_conv.jpg
写真6;「ビール&おつまみ」

 この日は呑む気があまりなかったのだが、お弁当を買ったらなぜか枝豆がついてきた。これは神が筆者に呑めといっているのだ!急きょ、帰りの運転は奥さんにお願いして「生ひとつ!」

 258-7_conv.jpg
写真7:「相撲甚句」

 ♪土俵の~~~♪ 上は~~~♪
 これを聞くとかつてテレ朝でやっていた大相撲ダイジェストの「民芸ごまそば処・八雲」のCMを思い出すのは筆者だけだろうか。

 258-8_conv.jpg
写真8:「櫓太鼓打分」

 アイスアリーナの館内に太鼓の音が響き渡る。実際に聞くとまた格別の味わいがある。
 太鼓の後はいよいよ取組開始。幕内の取り組みに旭大星が出てきたのは旭川の相撲ファンへのサービスだろう。
 琴勇輝相手に見事勝利を飾ったときには、館内はやんやの歓声にわいていた。
 取り組みは粛々と続き、トリをつとめたのは筆者が好きな横綱・日馬富士。
 大関・豪栄道に勝ったところで全取組終了。

 258-9_conv.jpg
写真9:「弓取式」

 弓取式を務めるのはテレビでいつも見る聡ノ富士。そう言えば、大昔に江戸の花という弓取式の力士がいたことを思い出してしまった。

258-10_conv.jpg
 写真10:「記念座布団」

 写真10は砂かぶり席の観客がもらえる記念座布団。
 さて、大相撲旭川場所だが、非常に練られたエンターテインメントだと感じた。(ある種、“プロレスよりもプロレス的”と言える)。
 筆者は今回、砂かぶりで見たが、遠い席でも十分に楽しめると思う。次の旭川巡業が何年後になるか分からないが、読者諸賢のなかで好角家の方がいらっしゃれば、ぜひ一度おススメしたいと思う。

2017.08.25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 生活雑感

サフランひとり呑み~初挑戦の電気ブランは○○の味がした!


 今年も8月3~5日にかけて旭川夏まつりが行なわれたが皆さん、行かれただろうか。
 筆者は、と言えば20年振りくらいに舞踊パレードに参加した。
 ♪来~た~よ~ 来まし~た~ ♪ あらうみ 越~え~て~♪の旭川音頭に合せて踊るアレである。
 ぶっつけ本番で臨んだのだが、一時期は毎年の様に参加していたのでなんとか踊ることが出来た。
 久しぶりに参加するのも、なんだか良いものである。パレードには飛び入り枠もあるようなので、読者諸賢も一度参加されてはいかがか。ひと踊りの後のビールはまさに最高である。
 さて、今回のひとり呑み、お題はコレである。

 257-1_conv.jpg
写真1:「電気ブラン:合同酒精・謹製」

 奥さんがアマゾンで買ったもの。筆者は初めてである。

 257-2_conv.jpg
写真2:「コップに注いだ之図」

 電気ブランはそれ自体が完成されたカクテル。まずはストレートでグイッといってみる。
 一口飲んだ瞬間、懐かしい思い出がよみがえってきた。
 あれは6才くらいの頃だろうか。親戚の家に遊びにいったときのこと。たまたまリビングに誰も居なくて筆者ひとり。テーブルの上にコップに入った黒い液体が。「コーラだ!」と思った筆者はグラスを手に取ると一気に呑みこんだ。
 その瞬間「ゲホッ、ゲホッ!」と大きくむせた。グラスの中の液体は養命酒だったのだ!
 そう、電気ブランの味はどこか(酒は酒でも)養命酒に似ているのだ。
 筆者の脳裏には幼き日のむせかえる想い出が蘇った次第である。
 さて、その電気ブランのアルコール度数は40度。最近とみに酒に弱くなってきた筆者としては、何かで割って呑んでみたい。
 ネットで見ると“ビールをチェイサー代わりに呑む”という“山崎銀次郎”の様に硬派な呑み方があるが、さすがに無理。結局無難な呑み方におちつく。

 257-3_conv.jpg
写真3:「電気ブランソーダ割り&おつまみ」

 ソーダで割ってレモンを一振り。これでも度数20度以上である。
 合わせるおつまみはこちら。

 257-4_conv.jpg
写真4:「缶つま」

 当ブログ読者にはお馴染み、国分K&K缶つまシリーズから「牛すじこんにゃく」。
 さきほどの記述では電気ブランの味を大分“ディスった”感があるが、フォローすると、独特の飲み口は美味しく、慣れればクセになりそうな味である。
 勢いがつくとどんどん進むので二日酔いには十分にご注意を。休みの前の晩に呑むのが無難だろう。
 興味のある方にはぜひおススメしたい。
 
ところで、話は冒頭の舞踊パレードに戻って、パレードは7条から1条にかけて踊るのだが、4条あたりでバテてしまい、最後の方は完全に惰性で踊っていた。
 全く年はとりたくないものである。筆者が踊るのは恐らくこれが最後になるだろう。

2017.08.11 | コメント(2) | トラックバック(0) | 生活雑感

«  | ホーム |  »

プロフィール

ターメリックマン

Author:ターメリックマン
 旭川市の中心部にほど近い、常磐公園界隈で育った快男児。
 知新小、常盤中と進んだ「地元」への思いはそれなりに持っている。
「知っている人にしか共感を得られない」微妙な感覚と、スパイスの効いた「毒」をお届けしよう。
<守備範囲>
80年代B級アイドル、80年代洋画、昭和のテレビ時代劇、昭和プロレス、80年代洋楽
<好きなもの>酒 
<嫌いなもの>老いぼれ、ガキ、ペット

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR