fc2ブログ

サフラン読書日記~今は無き“北の話芸人”に思いを馳せて

 久々の読書日記。今回ご紹介するのはこの一冊。

 341-01_cvt.jpg
写真1:「日高晤郞 フォーエバー」

 奥付を見ると2020年4月30日初刷。6月30日第三刷とある。価格は1600円+税。
 書店の店頭にあるのは前から知っていた。だがなかなか購う気になれなかったのは、まだ心のどこかに日高晤郞氏の死を受け入れたくない自分がいたのかもしれない。
 しかしこの一冊を読むことで、まだ筆者の知らない氏の一面が見られるかもしれない。
 そう思い先日、駅前イオンの未来屋書店で購入した次第である。
 著者の川島博行さんは1959年生まれ。大学を卒業後、北海道新聞社に入社し、2019年3月末に定年退職。
 現在はフリーライターをされている。
 日高晤郞氏とのつながりは、北海道新聞の夕刊で、2015年8月13日から10月2日までの32回にわたって連載された「私のなかの歴史」で、日高氏にインタビューしたことである。
 従って本書の構成は、全体の約4分の1が「私のなかの歴史」を加筆修正したもの、そして約6割が生前の日高氏を支えたり、親交のあったゆかりの人たちのインタビューで占められている。
 前半の「私のなかの歴史」部分は、日高氏の複雑な生い立ちから、いろいろな経過を経て、北海道に縁が生まれ、「日高晤郞ショー」が放送33年目を迎えるまでの半生を綴ったもの。
 コアなファンなら大体知っている話が多いが、中には初めて聞く話もあり興味深い。
 たとえば日高氏の芸名について、歌手デビューした1967年(日高氏は23才)当時の芸名は「飛鷹一(ひだかはじめ)」というものだった。だがクラウンレコードの社長から「読めない」と言われ改名することに。
 そこで名字は「日が高い」にし、名前は本名の「新吾」から「吾」の一時を入れて、そしてクラウンの看板が北島三郎さんだったので、二つ上回ってやろうということで吾郞になったのである。(のちに晤郞に改名)。
 また掲載写真も子どもの頃の妹さんとのツーショットや、高校の夜学時代、コックの見習いとして働いていた大衆食堂での、コック帽をかぶった一枚など、筆者が初めて目にするものも多い。
 後半のインタビュー部分では、日高氏を見いだした当時のSTVラジオディレクター、岩本芳修氏や日高氏が歌人(うたびと)と呼び可愛がった、こおり健太氏や走裕介氏、歴代の番組スタッフや個人的に親交の深かった元旭山動物園園長の小菅正夫氏など34名もの人々が名を連ねている。
 何よりも興味深いのは奥様の細谷浩子さんの言葉が綴られていること。
 奥様のインタビューからは二人の馴れ初めや、30年以上にわたり夫が毎週、東京と北海道を行き来する、少し奇妙な夫婦生活の様子が垣間見られる。
 本書を読んで、また筆者の知らなかった日高晤郞氏を感じとる事ができた。
 氏の生前、仕事が大変な時「1週間つらい事があっても土曜日には俺がいる」とても力づけられたものだった。
 そんな日高氏はもう居ないが、氏の薫陶を受けた歌人や“ようへい氏”などがその遺志を受け継いでいって欲しいと願う。

 341-02_cvt.jpg
写真2:「背表紙には日高氏の直筆による名言『良く笑えた日は佳い一日だ』」

スポンサーサイト



2020.07.13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 読書

サフラン読書日記~新潮文庫の100冊&オフ会の告知

 久しぶりの読書日記。新潮文庫の100冊と言えば出版会の夏の風物詩。今回ご紹介するのはその「新潮文庫の100冊2019」からこの一冊。

 312-01_cvt.jpg
写真1:「午後の恐竜」

 「午後の恐竜・プレミアムカバー版」。著者は筆者が敬愛する星新一先生。
 表題作を含む11編を収録。オリジナルは昭和43年に早川書房より刊行された。
 星先生と言えばショートショートの名手として知られるが、表題作はショートショートより少し長い短編小説である。
 物語は、あるのどかな日曜日の午前。全世界で突如、恐竜や、その時代の植物が出現する。
 出現、と言っても実態は無く、触れようとしてもすり抜けてしまい、恐竜に踏まれた、と思っても何も起こらない。
 
 312-02_cvt.jpg
写真2:「ヒサクニヒコ氏による挿絵」

 星作品の挿絵と言えば和田誠氏と真鍋博氏が有名だが、この短編集ではヒサクニヒコ氏が担当している。同氏のタッチもまた、和田、真鍋両氏とともに星作品にとても良く合っている。
話は元に戻って、つまり全人類が集団的な幻覚を見ているようなもの。この現象とともに、亡国の原潜が行方不明になる二つのエピソードが、この物語の軸となっていく。
 ネタバレになるのでこれ以上は書けないが、1000作以上ある星作品の中でも、筆者的にはベストテン、いや、ベストファイブに入ると思う。
 収録作では他にも「おれの一座」や「戦う人」という作品も大好きである。
 未読の方にはぜひ一読をおすすめしたい。出来れば購入をおすすめしたいが、図書館にも蔵書があるので、お読みいただければ“星ファン”として幸いである。
 さて、話は変わって、以前お伝えしたブログの日時、場所が決まったのでご案内したいと思う。
 まず日時は8月5日(月)午後7時から。会場はこちらである。

 312-03_cvt.jpg
写真3:「夏のフードフェスティバル2019」

 旭川駅前広場で開かれている「夏のフードフェスティバル」を会場としたい。
 今現在の参加者は筆者(ターメリックマン)と編集長(マッサマン氏)、そしてコメント欄の常連である“北門中野郎”さんの三名。
 他の読者の方も、気が向けば当日飛び入りで、ふるってご参加いただければと思う。
 会場の中で筆者たち“サフランブログの会”を見つけていただく方法は、以下のとおりに考えた。

 312-04_cvt.jpg
写真4:「三角柱」

 当日は会場のなるべく中央付近に陣取り、卓上に写真4の三角柱を設置する。

 312-05_cvt.jpg
写真5:「ノーサシミ ノーライフ Tシャツ」

 そして当日、筆者はこのTシャツを着ている。
 もしこのTシャツを着た、白髪頭で小柄なオジサンがいたらそれは筆者なので、気軽にお声をかけていただければ幸いである。

2019.07.22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 読書

サフラン読書日記~祝!孤独のグルメ第6シーズン放送開始!~原作者・久住昌之氏・伝説の名作をご紹介

 当ブログ定番テーマの一つ「孤独のグルメ」のTVドラマ最新シーズンが放送開始となった。
 孤独のグルメについては先日、原作マンガで作画を担当した谷口ジロー氏の早すぎる逝去をお伝えしたところ。新しいマンガはもう読む事が出来なくなったが、ドラマの方は相変わらず好調で嬉しい限りである。
 
244-1_conv.jpg
写真1:「第6シーズン第1話より」

写真1は第1話「大阪府 美章園のお好み焼き定食と平野の串かつ」より、たこねぎ(タコとネギのチジミ風)に舌つづみを打つゴローさん。ちなみに今回、初回だからかゲストが豊富で、六角精児さん、筆者が敬愛してやまない池乃めだか師匠、元タイガースの下柳氏と“濃い面々”が脇を固めた。
さて、孤独のグルメと言えば原作者の久住昌之氏も有名だが、その久住氏のデビュー当時の名作(作画担当、泉晴紀氏との泉昌之名義)をご紹介したい。(なので今回、ネタばれしまくり)

244-2_conv.jpg
写真2:「夜行」

作品のタイトルは「夜行」

244-3_conv.jpg
写真3:「トレンチコートの男」

夜行列車の車内には久住マンガには欠かせない“トレンチコートの男”。男は緊張の面持ちで駅弁の包みをはがす。

244-4_conv.jpg
写真4:「駅弁」

 駅弁の中身は男の独白を引用。「うん、これで400円ならまずまずの出来だ。カツとサバの塩焼きを中心にして玉子焼きとキンピラゴボウが色を添え、漬物は俺の好きなシバ漬けだ。夏ミカンというデザートもあるうえ・・・なんとも嬉しいのはクリの存在だ」
 今日び、このぐらいの駅弁なら1000円前後だろう。この作品は1980年の発表。筆者的に1980年は“ついこのあいだ”なのだが(少なくとも駅弁に関しては)物価は倍近く上がったようだ。

244-5_conv.jpg
写真5:「駅弁を食べ進める男」

 漬物、玉子焼きなどの脇役から食べ始める男。駅弁は想像以上に美味しかったようで、思わず「フンフン♪」と鼻歌まじりになる。

244-6_conv.jpg
写真6:「やっぱり男はキンピラゴボウよ!」

 旭日章をバックに「やっぱり男はキンピラゴボウよ!」(筆者も同感)。しかし男がカツに次ぐ主役と一目置いていたサバが、思った以上にしょっぱいことが分かる。

244-7_conv.jpg
写真7:「作戦の立て直し」

 塩辛いおかずばかりが残ったため、栗をめし側につけるなど作戦の立て直しを図る男。すべてはメシとカツの感動的な出会いのためである。

244-8_conv.jpg
写真8:「いよいよ飯とカツ」

 なんとかしてご飯をたくさん残し、いよいよカツを食すときが来た!自然と手が震えてくる。

244-9_conv.jpg
写真9:「カツは玉ねぎだった!」

 やっとの思いで残しておいたカツは肉ではなく玉ねぎだった!右上の「ゲッ」が傑作である。

244-10_conv.jpg
写真10:「旅になんか出なきゃ良かった・・・」

 最終ページ。激しく後悔する男を乗せ、夜汽車は闇の中をひた走る。
 いかがだろうか。この作品はデビュー当時の久住氏が伝説のマンガ雑誌「ガロ」に発表したもの。(つまり原稿料のある一般の雑誌には、どこにも相手にされなかった)今も久住マンガに根底に流れる「いかに美味しくメシを食べるかを大真面目に語る」はデビュー当時からだったことが分かる。
 筆者のヘタな抜粋では面白さが上手く伝わらないかもしれない。オチである写真9が、本ではちょうどページをめくったところにくる
ようになっているので、読んだ瞬間に大爆笑の仕掛けとなっている。
 ほかに筆者の好きな久住マンガでは「ダンドリくん」というのがある。これはずっと探しているのだが、未だに見つけられずにいるので、もし見かけられた読者がいらっしゃればコメントなどくだされば幸い。入手の暁にはご紹介したいと思っている。

2017.04.09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 読書

サフラン読書日記~思い出のマンガに再会!「キンドコング」

 前に当ブログで、子供のころ、故・水木しげる先生の「実在の“欽ちゃん”こと萩本欽一氏が巨大化する」というマンガを読んだ、という話を書いた。
 大人になってからもう一度読みたくなり、ずっと探していたのだが中々見つからないでいた。だが最近、現在刊行中の全集に収録されている事が分かったのである。マンガファン、水木ファンのみならず、興味のある方もおられるかと思うので、ちょっとご紹介したい。

190-1_convert.jpg
写真1:「表紙」

 思い出のマンガのタイトルは「キンドコング」だった。

190-2_convert.jpg
写真2:「視聴者からのハガキの中におかしなハガキが・・・」

 「欽ちゃんのドンとやってみよう!」の収録中、視聴者からのハガキに、おかしなものが混じっていた。文字は書いてあるのに、欽ちゃんが読もうとすると消えてしまうのである。

190-3_convert.jpg
写真3:「ハガキから煙が出ると欽ちゃんが・・・」

 怒った欽ちゃんがそのハガキを踏みつけると、ハガキからモクモクと煙が吹き上がる。煙を吸った欽ちゃんは、ナント!どんどんと巨大化してしまうのである。

190-4_convert.jpg
写真4:「ビルに腰かけ途方にくれる欽ちゃん」

 マスコミにより欽ちゃんは“キンドコング”と名付けられる。当の欽ちゃんは「俺はもうテレビにも出れないし家にも住めないや」と途方にくれる。
 イライラする欽ちゃんをなだめるため、警官が「今一番欲しいものは?」と聞くと「俺が一番欲しいのはパンツだよ」との答え。かくして欽ちゃんのために世界最大のパンツが作られることとなった。

190-5_convert.jpg
写真5:「モグラコング出現!」

 ちょうどその時、大地を揺るがす大地震があり、地下から巨大モグラが出現する。それは地下にたまった公害の毒素により巨大化した“モグラコング”だった。自衛隊が出動するも、モグラコングは自衛隊の攻撃を全て跳ね返してしまう。人々はパニックに陥り、東京のまちは蹂躙されてしまう。

190-6_convert.jpg
写真6:「閣僚会議」

 急きょ閣僚による対策会議が開かれる。当時の首相はF田首相。この時はまさか、めでたくご子息が親子二代の首相になるも、無責任に政権を投げ出した挙句、会見で記者に向かって「あなたとは違うんです!」などという迷言(アホ発言か)をのたまうとは夢にも思わなかったろう。ちなみに官房長官はのちの“アーウー・O平首相”であろう。(昭和世代じゃないと分からないお話で申し訳ない!)
 閑話休題(それはさておき)、「原爆を落とせ」などという乱暴な意見がある中、F田首相が下した結論は“モグラコングに対抗するにはキンドコングしかない”というものだった。だが、欽ちゃんはモグラが大嫌い。欽ちゃんを説得するため白羽の矢が立ったのは、この人だった。

190-7_convert.jpg
写真7:「欽ちゃんを説得する坂上二郎さん」

 欽ちゃんを説得するのはやはり二郎さんしかいない。はじめは嫌がる欽ちゃんだったが、モグラコングが自宅の上で昼寝していて奥さんの命が危ない、と聞いては放っておけない。遂にモグラコングとの対決を決意する。二郎さんはヘリコプターからモグラコング攻略のアドバイスをすることとなった。

190-8_convert.jpg
写真8:「キンドコングVSモグラコング」

 戦いは“しれつ”を極めた。最初はモグラコングの毒ガスで劣勢に立つ欽ちゃんだったが、二郎さんのアドバイスもあり、徐々に巻き返してゆく。

190-9_convert.jpg
写真9:「欽ちゃん勝利之図」

 死闘の末、モグラコングを倒した欽ちゃん。これで東京の安全は守られた。F田首相からは「欽ドン賞!」
ちなみに例のハガキの正体は、化けダヌキが姿を変えたものだった。化けダヌキがいつも寝ている神社の護符をハガキの代わりに使った不届き者がいたのでちょっと懲らしめたとの由。人間が化けダヌキのことを重んじることを約束に、キンドコングはもとの“欽ちゃん”にもどり、これまでと変わらずお茶の間に笑いを届けるのだった。

とまぁ、こんなお話だった。“欽ちゃん巨大化”のインパクトのせいか、モグラコングとの死闘のくだりはあまり覚えていなかった。
初出は1977年1月13日発行「パワァコミック」第1号。知らない雑誌だが、出版社が「双葉社」なので大人向けのマンガ雑誌なのだろう。タイトルの「キンドコング」はもちろん、当時人気を博していたフジテレビ系「欽ちゃんのドンとやってみよう!」(略して欽ドン)と、当時公開されて話題となったアメリカ映画「キングコング」の“もじり”から着想を得たのだろう。また、モグラコングが生まれた原因が公害の毒素、というのも世相を反映して興味深い。
ところで筆者は欽ちゃんの、というよりコント55号の全盛期を知らない。シュールでエキセントリックな笑いと、舞台いっぱいを走り回る二人の動きが、とても斬新だったと聞いている。また「裏番組をぶっとばせ!」の野球拳が社会現象となった、等もネタで知っているだけ。「8時だよ!全員集合」がDVD化されるなど昭和の笑いに関心が寄せられる昨今、コント55号もぜひ映像化されないかと願っている。

2016.02.07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 読書

サフラン読書日記~孤独のグルメ2~祝!ドラマ「孤独のグルメ」シーズン5放送開始!

深夜帯の「夜食テロ系」と言われるドラマの中でも断トツの人気を誇る「孤独のグルメ」の第5シーズンが10月2日から放送されている。

175-1_convert.jpg
写真1「孤独のグルメ」のオープニング」

“時間や社会にとらわれず 幸福に空腹をみたすとき
束の間、彼は自分勝手になり自由になる
誰にも邪魔されず 気を使わず物を食べるという孤高の行為
この行為こそが現代人に平等に与えられた 最高の癒しと言えるのである“

175-2_convert.jpg
写真2:「食べるゴローさん」

 写真2は第2話より、美味しそうにサンマのクンセイ刺しを頬張るゴローさん。ちなみに向って左側の先客が、当ブログにも良く顔を出す同期入社のTKW氏にソックリで思わず笑ってしまった。

175-3_convert.jpg
写真3:今回のゲストは浅野温子さんだ。

毎回、有名な俳優がゲスト出演するのもお約束だが今回は女将役で浅野温子さん!
また、第5シーズンでは初の海外ロケ(台湾)がある。あと、噂によれば映画化も企画されているとの由。(孤独のグルメ・ザ・ムービー!)

さて、前置きが長くなったが、今回ご紹介するのは第5シーズン放送開始に合わせるように刊行された、この1冊。

175-4_convert.jpg
写真4:「孤独のグルメ2」

原作:久住昌之  作画:谷口ジロー    扶桑社   920円+税

週刊SPAに2009年6月から2015年5月にかけて不定期連載された13話を収録。
帯にもあるが、第1巻からナント18年ぶりの登場。奥付を見ると9月30日初版、10月15日・第3刷とある。大ベストセラーではないか!
第2巻も引き続きゴローは食べて食べまくる。その舞台も定食屋やレストランだけでなく、鳥取市役所の食堂、東大の学食などバラエティ豊かだ。

175-5_convert.jpg
写真5:東京都世田谷区・「駒沢公園の煮込み定食」

早稲田・漫研出身の谷口さんの精緻な筆致は、料理を実に美味しそうに描く。聖地巡礼と称して舞台になった店を実際に訪れるファンが多いと聞くが、ここもそんな人々で一杯になったのだろう。

175-6_convert.jpg
写真6:態度の悪い客を懲らしめるゴローさん

“幼い頃より祖父から古武道の手ほどきを受けた”という設定。写真6は「呑めない部下に酒を強要する嫌な部長」をアームロックからの投げで懲らしめたところ。
また、原作がドラマから影響を受けた、と思われる面もある。ドラマでは主演の松重豊さんの、独特な口調の独白が特徴的なのだが、本書にも面白い独白が頻繁に出てくる。いくつか例を挙げると「(お酒が無いですけど、と言われ)なくてけっこうコケコッコー」、「(とんこつラーメンの店で)トンチャンしばらく入れてない」、「(洋食屋でハンバーグ定食を食べながら)この付け合せの具なしスパゲティ君がどういうわけか俺 大好き」etc,etc(死語)

ドラマの話に戻ると、海外ロケや映画化は筆者的にはちょっと複雑である。孤独のグルメはマイナー、チープさが魅力なのだが、ここまで有名になってしまうと、いかにテレ東と言えどもビジネスの関係があるのだろう。
本書の価格:920円+税はお手頃だと思う。腰をすえて読むも良し、ちょっと空いた時間に適当なページを開くのも最高だろう。一時期品薄だったが、今は在庫があると思うので、当ブログ読者には是非お薦めしたい1冊である。

2015.10.19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 読書

«  | ホーム |  »

プロフィール

ターメリックマン

Author:ターメリックマン
 旭川市の中心部にほど近い、常磐公園界隈で育った快男児。
 知新小、常盤中と進んだ「地元」への思いはそれなりに持っている。
「知っている人にしか共感を得られない」微妙な感覚と、スパイスの効いた「毒」をお届けしよう。
<守備範囲>
80年代B級アイドル、80年代洋画、昭和のテレビ時代劇、昭和プロレス、80年代洋楽
<好きなもの>酒 
<嫌いなもの>老いぼれ、ガキ、ペット

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR