fc2ブログ

サフラン・シネマ談義~我が青春の名作

 前にも書いたのだが、中学~高校生の頃、人生で一番映画を観た時期だった。
 新聞配達やコンビニでのバイト代の多くを映画につぎこんで、毎週、とは言わないまでも月に2回くらいは劇場に足を運んだものだった。
 今回は、そんな今までに見た名作の中から“一番好きな作品”への想いを語ってみたい。
 他人の“好きな映画”の話など全然面白くないことは重々承知だが、たまには“まちあるき”や“ひとり呑み”ではないお題にお付き合い下されば幸いである。
 さて、そんな筆者の“フェイバリットムービー”が・・・

 302-01_cvt.jpg
写真1:「セント エルモス ファイヤー」

 1985年公開なので筆者が中三のときの作品である。
 物語は、大学を卒業したばかりの男女7人の親友たちが、学生時代とは違う様々な問題や苦難に対面しながらも成長してゆくさまを描いた青春群像劇。
 当時“ブラット・パック”と呼ばれた、人気と実力を備えた若手俳優たちが勢ぞろいした作品である。
 当ブログではそんな作品中の人物と、演じた役者たちの想い出を語っていきたい。

 302-02_cvt.jpg
写真2:「アレック」

 野心家で政治の世界で成功を目指す(当時の言葉で言えば)“ヤッピー”の青年を演じたのはジャド・ネルソン。筆者が本作の次に好きな映画「ファンダンゴ」では若き日のケビン・コスナーと共演している。
 本作以降ではこれといったヒットには恵まれていないようだが、現在に至るまで堅実に映画に出演し続けている。

 302-03_cvt.jpg
写真3:「ケビン」

 死亡記事ばかり書かされている記者で、永遠の文学青年であるケビンを演じるのがアンドリュー・マッカーシー。本作以外では「プリティ・イン・ピンク」や「マネキン」が有名であろう。
 若い頃は写真3の様に、(まるで女性の様に)綺麗な顔をしていたのだが、お年を召してからの劣化は少し残念なところだろうか。近年は映画よりテレビを主な活躍の場としているようである。

 302-04_cvt.jpg
写真4:「ビリー」

 仲間のなかではもっとも大人になりきれず、(アレックの紹介してくれる仕事もすぐ辞めてしまう始末)夢を追ってばかりの青年を演じるのが写真4のロブ・ロウ。
 写真でもお分かりのとおり、当時ハリウッド・ナンバーワンの美男と言われた俳優である。
 故・パトリック・スウェイジと共演したアイスホッケー映画「栄光のエンブレム」もまた思い出深い。(恋人役のシンシア・ギブが可愛かった!)
 未成年の少女と関係を持ってしまったことで一時活動していなかったが、近年はテレビで活動している。

 302-05_cvt.jpg
写真5:「カービー」

 バー(物語の重要な場面となる「セント エルモ バー」)でウエイターをしながら弁護士を目指すカービーを演じるのがエミリオ・エステべス。“名優”マーティン・シーンの息子、あるいは“アメリカ芸能界一のバカ”チャーリー・シーンの兄貴といった方が分かり易いだろうか。「張り込み」シリーズや「飛べないアヒル」シリーズが有名か。
 本作と同様に“ブラットパック映画”と言える「ヤングガン」でのビリー・ザ・キッド役の好演が印象的だった。また自らが初監督を務め、後述するデミ・ムーアと共演した(当時二人は交際していた)「ウィズダム~夢のかけら」もまた、筆者の好きな映画である。
 ここ10年ほどは目立った活動をしていないのが残念である。

 302-06_cvt.jpg
写真6:「レズリー」

 基本的には保守的だがロマンティックな面も持ち、洋の東西を問わずクラスにいれば一番モテそうな(事実、最初はアレックと同棲していたのだが、アレックとの関係に疑問を持ち始めたときにケビンと一夜をともにし、それが原因でアレックと分かれてしまう)女性を演じたのがアリ―・シーディー。本作以外ではあまり筆者の記憶には残っていず(もちろん筆者の勉強不足)、ここ10年ほどは目立った活動は無い様である。

302-07_cvt.jpg
写真7:「ウェンディ」

 裕福な家庭の“お嬢様”だが、それを良しとせず、福祉事務所で働く真面目な女性を演じるのがメア・ウイニンガム。父親から堅実な男性を結婚相手として紹介されるが、ウエンディが本当に愛するのがビリー。
 24のシーズン6か7だったかで、彼女がテロリストの青年の母親役で出てきたときには、本当に懐かしい思いをした筆者だった。

302-08_cvt.jpg
写真8:「ジュールズ」

 「私は80年代の女」が口癖の、まさに時代の最先端を行く“翔んでるオンナ”を演じるのがデミ・ムーアである。
 この人については説明の必要は無いだろう。本作の主演のなかで最も成功した俳優である。

302-09_cvt.jpg
写真9:「ジュールズをなぐさめるビリー」

 そんなジュールズだったが、借金まみれ、嘘まみれで遂に家財も何も失ってしまい、空っぽの部屋でおかしくなってしまう。写真9は、一人さびしく膝をかかえる彼女をなぐさめるビリー。本作の感動的なシーンであり、タイトル「聖エルモの火」の意味が明らかになる。
 物語は様々な苦難に直面しながらも、一つ一つ乗り越えて、7人が大人になってゆく。
 終盤、夢である、サックス奏者で一旗揚げるためニューヨーク行のバスに乗るビリーを見送った6人。
 その帰り、「セントエルモ バー」の前に差し掛かり、「寄って行こうか」との仲間の言葉にアレックが「いや、ここはうるさいし子供が多い。別の店にしよう」と言い、後日別な店でランチをとる約束をする。
 この次、ラストが筆者の大好きなシーン。

302-10_cvt.jpg
写真10:「筆者の好きなラスト」
 
少し前の7人を彷彿とさせる若者たちが「セント エルモ バー」に入っていく。
 彼らには彼らの「セント エルモス ファイヤー」がある。
 そして、そんな物語が永遠に続いていく、そんなことを暗示して物語は終わる(と筆者は感じた)。
最後になるが、本作品は、テーマミュージックもまた素晴らしい。
 ジョン・パーの歌う「セントエルモスファイヤー・マンインモーション」はまさに“キラキラとした”80年代ロックを表現する名作である。ユーチューブで“STELMOS”なんて検索するとヒットするので、ご存じない方は一度(騙されたと思って)ご覧いただきたいと思う。
 本作については、語りたいことはもっともっとたくさんある。例えば脇役の中でも、カービーが一方的に思いを寄せた女性、デイルを演じたアンディ・マクダウェル。あるいは1992年のフジテレビの名作ドラマ「愛という名のもとに」との対比などなど。いつか機会があれば、そんなことも語ってみたいと思う。

スポンサーサイト



2019.04.26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画・テレビ

THE BEST HIT サフラン~思い出のあの一曲「Different Strokes」

筆者が十代の頃、すなわち「昭和時代」においては、テレビ番組の中の一定の割合を「洋物ドラマ」が占めていた。
当ブログの中でも、かつての名作として「CHIPS/白バイ野郎ジョン&パンチ」や、「ナイトライダー」「バイオニック・ジェミー」「600万ドルの男」などが話題に上ったことがある。
中でも、筆者の一番のお気に入りのアメリカン・ホームドラマの傑作は、なんと言っても


img_arnold.jpg
をおいて他にない。

arnold_04.jpg
当ブログのプロフィール欄の画像が、このドラマの主役であり、筆者が敬愛してやまないゲイリー・コールマン氏であることが、このドラマに対する筆者の思いの表れである。

今回は、番組冒頭で流れるオープニング・テーマ曲を紹介するので、少しでもこのドラマを思い出していただければ、嬉しい鍵入りである。

↓下の番組名をクリックしてみよう。
アーノルド坊やは人気者

2017.03.02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画・テレビ

サフラン身辺雑記~「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」

最近、土曜日の深夜帯に放送されている、ある番組にハマっている。

177-1_convert.jpg
写真1:「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」

太田紫織さんの同名ミステリー小説を原作としたアニメ。
奥さんによると有名な作品だそうだが、筆者が知ったのは最近、「グラフ旭川」誌の記事によってである。
本作を一部グラフ旭川誌からの引用も加えてご説明すると、主人公である九条櫻子(くじょうさくらこ)は旭川の永山に住む令嬢。美人で骨好き、という風変わりな設定で、骨格標本士を生業(なりわい)としている。ある事件をきっかけに知り合った正太郎という高校生とともに、市内で起こる様々な難事件を解決していく。

177-2_convert.jpg
写真2:「九条櫻子。クライマックスの決めゼリフ「さあ、謎を解こうか!」五郎丸のルーティンを真似ているワケではない」

筆者がハマっている理由は“物語の面白さ”ももちろんだが、毎週、お馴染みの旭川の景色が出てくること。一例をご紹介するのでアニメと実際の写真をご覧いただきたい。

写真3・4「ウエスタン・パワーズ(大型ショッピングセンター)内のユニクロ」
177-3_convert.jpg

177-4_convert.jpg

写真5・6「東光にある紅茶店・ライフラプサン。原作者がご主人と通った思い出の場所、とのこと」
177-5_convert.jpg

177-6_convert.jpg

原作者の太田紫織さんは札幌出身で、2012年までの6年間を旭川に住んでいた。お父上の実家が旭川にあるため毎年“里帰り”しているそうで、「第二の故郷」と心を寄せられている。太田さん曰く「物語を考えたとき舞台は旭川しかないと思いました。全国の人に旭川の良さを伝えられたら」(「グラフ旭川」誌より)とのことで、筆者など嬉しい限りである。
本作は太田さんにとってデビュー作。今日現在、角川書店から第8巻までが刊行されていて、シリーズ累計100万部超の大ベストセラーである。またマンガ版が月刊コミック誌「ヤングエース」8月号から連載がスタートしている。
アニメの方は毎週土曜・深夜2時28分から放送中。10月31日深夜分で第4話まで放送済み。1クール何話か知らないが、10話前後とすると半分近く終わったことになる。
当ブログを読んで興味を持たれた方には、是非おススメしたい作品である。

2015.11.01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画・テレビ

サフラン名画劇場~ホコリと幻想


 ものがたりは一人の青年が旭川空港に降り立つところから始まる。東京で夢破れた青年・松野は再起を目指すため故郷である旭川に戻ってきた。ふとした事から興味を引かれた、市の事業でのモニュメント作成の作品募集。松野は同級生や行政、企業までをも巻き込み、その作成に邁進する。松野の創作は一見、順調に見えたが、実は自らの才能の限界に行き詰まり、やがて周囲も疑念を抱くようになる・・・

171_convert.jpg
 写真:「ホコリと幻想」ポスター

 9月12日から公開中の映画「ホコリと幻想」の冒頭から中盤にかけてのあらすじ。まず特筆したいのは本作が全編旭川ロケで撮影された、ということ。そのため、スクリーン上には旭川市民にとってはお馴染みの旭橋、買物公園、高砂台といった風景が常に映される。カメラ越しのそんな見慣れた光景が、少し現実離れした感じがして、筆者はなんだか不思議な心もちになってきた。
 主演は演劇ユニット・チームナックス、というより今や全国区の俳優である戸次重幸さん。「北海道の空気感が分かる人を」との、監督のたっての希望が依頼に至った。戸次さんは「自意識過剰で大人になりきれない、だが理想だけは高い」という松野の人物像を見事に熱演している。創作が上手くいかず、酒びたりになりやつれていく様子を、走り込みや厳しい減量により表現した。脇を固めるのは内田朝陽さん、奥山佳恵さん、本田博太郎さんら実力派の面々。
 特に主人公の父である家具職人を演じる本田博太郎、いや、“ドンガメ“の鬼気迫る演技には思わず「そんな世捨て人みたいな家具職人がいるかい!?」とツッコんでしまった。(ドンガメの由来については、ドラマ「ただいま放課後」についてのサイト等を参照願います。)
 話は変わるが、いつの頃からか“ドンガメ”は“普通の演技をすること”を放棄してしまった。何かを演ずるときは必ず「怪演」をしようとするのだ。「“ドンガメ”よ!どこへ行く?お前は一体、何をしたいのだ!?(by筆者)」

 とまぁ、どうでもいい話は置いておいて、出不精な筆者がスガイディノスまで赴いたのは、本作で監督、脚本、編集を務める鈴木聖史さんが筆者の高校の後輩だからである。(「また後輩ネタかい!」という声が聞こえてきそうだが、前にも書いたとおり後輩の活躍は何よりも嬉しいのでご容赦いただきたい。(前回の“ガンバレ!後輩ネタ”は8月30日付け読書日記「吊金先生」の回)
思えば初めてこの企画を知ったのは2年半ほど前、同窓会・役員会での席上だった。
 その当時はまだタイトルや配役も決まっていず、漠然と「旭川で映画をつくろう!」という、ごく基本的なコンセプト(鈴木さんの頭の中には既に出来ていたのだろうが)が示されただけ。筆者も心中、形になるのか心配だったが、目の前に完成品が、しかもこのような佳作を観ることが出来た。資金繰りなどクリアすべきハードルは沢山あったと思う。鈴木監督はじめ関係者の皆さんには心から敬意を表したい。読者のなかで興味のある方は、是非ご覧いただきたいと思う。
鈴木さんは現在、メーカー勤務の傍ら制作をしているが、やがては監督業に専念したい、とのこと。今後も良作を撮りつづけ、是非とも夢をつかんで欲しいと願うのである。

2015.09.20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画・テレビ

サフラン・モデラーズリポート・その2~カワサキ・ポリス1000:CHP・ロスアンゼルス警察

珍しく芸能ネタから入るが、俳優の東出昌大さんと女優の杏さんが結婚した。お二人のなれそめがNHK朝ドラ「ごちそうさん」での共演なのは皆さんもご存じのとおり。
ドラマで夫婦役~結婚という流れは筆者の様な40代だと「熱中時代・刑事編」の水谷豊さんと米・女優のミッキー・マッケンジーさんを思い出してしまう。(水谷さんは伊藤蘭さんと“おしどり夫婦”じゃ?という声が聞こえてきそうだ。伊藤さんは水谷さんが数年の結婚生活を経てミッキーさんと離婚したあとの夫人である)男女のことは当事者同士にしか分からないが、恐らくまだお二人とも若かったのと、日米のカルチャーギャップが主な理由だろう。
東出さんと杏さんの末永い幸せをお祈りしたい。

熱中時代・刑事編といえばテーマソングも印象深い。何年か前に水谷さんが紅白歌合戦で歌って懐かしい思いをしたものだが「カリフォルニア・コネクション」である。

♪ジ~グ~ザ~グ~、き~ど~おった~♪
♪と~か~い~の~、ま~ちいなみ~♪

と書けばお分かりか。そんなワケで今回のお題は“カリフォルニアつながり”でこれ。

138-1_convert.jpg
写真1:カワサキ・ポリス1000・CHP・ロスアンゼルス警察~ウインドシールドタイプ(アオシマ文化教材社製・12分の1スケール)

昨年2月24日付け記事が大日本帝国陸軍往年の名機「隼」のプラモデルを作った顛末だったのを憶えておいでだろうか。塗料や道具などは残っているので第2弾があるかもしれない、として終えたのだが、今回、久しぶりのモデラーズ・リポートである。
筆者は特に用事がなくても、本町(もとまち)にある吉田玩具店によく顔を出すのだが、10月のある日、プラモ売り場で目に入ったのがこれ。かつて乗っていたせいか、どうしてもバイクに目が行ってしまう。面白そうなので思わず買ってしまった。同じカワサキ・ポリス1000には他にカウル付きタイプのもあったのだが、何故このウインドシールドタイプにしたかは後ほど。

138-2_convert.jpg
写真2:早速箱を開けてみる。中身のキットが姿を現した。

隼と比べて遥かに多い。バイクのプラモはスポーツバイクやいわゆる“レーサー・レプリカ”は何度かあるが、この手の「ネイキッド・バイク」は初めて。とりあえず作ってみる。


138-3_convert.jpg
写真3:「エンジン、タンク、フレーム、リアタイヤまでくみ上げたところ。全体の6割ほどだが、ここまででも、2ヶ月近くかかってしまった。ちなみに左のダブルクリップに挟まったパーツはリアブレーキ・ペダル」

作った感想だが、とにかく部品が小さくて多いので難儀した。苦心してせっかく接着したパーツが何かのはずみにポロッと外れてしまい、泣きそうになった事も一度ならずである。
だが、筆者は実際の戦闘機は作ったことも乗ったことも無い(当たり前か)が、バイクのことは良く知っている。
作り進めるうちに、本当に1台のバイクを作っているような気分になり楽しかった。

138-4_convert.jpg
写真4:完成之図。結局2ヶ月以上かかってしまった。

138-5_convert.jpg
写真5:真横から見てもなかなか精悍だ。

138-6_convert.jpg
写真6:今度は「後ろから」。あ、“畑中葉子”じゃないよ。(わかる人は立派な昭和人間。)

さて、CHPと聞いて40代以上のおじさん世代ならピンと来た方もいるのでは。70~80年代アメリカドラマ、原題「CHiPs」(カリフォルニア・ハイウェイパトロールの正式な略称はプラモデルの商品名どおり“CHP”なのだが現地の人は親しみを込めて“CHiPs(チップス)”と呼んでいるのだそう)、日本版タイトル「白バイ野郎ジョン&パンチ」である。※筆者がカウル付きではなくウインドシールドタイプを選んだのは劇中で使われていたのがこちらだからだ。

日本では80年代中~後盤、筆者が中学~高校生だったころ、確か週末の22時前後に日本テレビ系列で放送されていた、と記憶している。
本作は従来の警察ドラマの様な派手なガン・アクションや残酷な犯罪描写はなく、ハイウェイパトロールでの取り締まりや日常のドタバタを描いた、明るくほのぼのとしたものである。また筆者の年令が丁度オートバイに興味を持つ頃で(少年チャンピオン誌では“750ライダー”がまだ連載中だった)格好良いバイクに憧れたものである。
主役はタイトルどおり、ジョンとパンチの二人の白バイ警官。一説にはこのお二人、カメラが回っていない時は口もきかないほど中が悪かったのだそうだ。これは筆者の想像だが、パンチ役のエリック・エストラーダの人気と役者としての格がどんどん上がっていくのが、ジョン役のラリー・ウィルコックスには面白く無かったのでは。(あくまでも筆者の想像である)
やがてラリー・ウィルコックスは降板、新たな相棒を迎えて「邦題:白バイ野郎パンチ&ボビー」となったが、筆者はやはりジョン&パンチが良かったと思っていた。同様の人は多かったのだろう。「パンチ&ボビー」の方は長期放送には至らなかったと記憶している。

138-10chips.jpg
写真7:『白バイ野郎ジョン&パンチ』のサウンドトラック盤(編集長所蔵)のジャケット写真。左がパンチ役のエリック・エストラーダ、右がジョン役のラリー・ウィルコックス。
 このレコードのB面に収録されている「カリフォルニア・ハッスル」という曲が、当時、全日本プロレスで大仁田厚と激闘を繰り広げたプロレスラー、チャボ・ゲレロの入場テーマ曲に使用されていた事実は、あまり知られていない。

今、地上波では主に深夜、と言うより未明の枠で、アメリカドラマがいくつか放送されている。だが1時~2時の深夜では通勤、通学している人は見るのが難しいと思う。是非、せめて22時~23時くらいの時間帯か週末の午前辺りでアメリカドラマを放送して欲しい、と願う次第である。
ちなみに「白バイ野郎ジョン&パンチ」の様な「邦題:○○野郎××」は後に、当ブログ編集長:マッサマンお気に入りの「特攻野郎Aチーム」や「冒険野郎マグガイバー」に受け継がれているが、近年では見られないのも残念な限りである。
中でも、「特攻野郎Aチーム」のオープニングは思い出深い。

138-7faceman.jpg
写真8:「ブラジャーからミサイルまで何でも揃えてみせるぜ」(通称・フェイスマン)

138-9monkey.jpg
写真9:「奇人?変人?だから何?」(通称・クレイジーモンキー)

138-8kong.jpg
写真10:「でも飛行機だけは勘弁な!」(通称・コング)

2015.01.13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画・テレビ

«  | ホーム |  »

プロフィール

ターメリックマン

Author:ターメリックマン
 旭川市の中心部にほど近い、常磐公園界隈で育った快男児。
 知新小、常盤中と進んだ「地元」への思いはそれなりに持っている。
「知っている人にしか共感を得られない」微妙な感覚と、スパイスの効いた「毒」をお届けしよう。
<守備範囲>
80年代B級アイドル、80年代洋画、昭和のテレビ時代劇、昭和プロレス、80年代洋楽
<好きなもの>酒 
<嫌いなもの>老いぼれ、ガキ、ペット

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR